【カニ通販】北海道網走水産の口コミや評判はホント?実際に購入して徹底レビュー!

【カニ通販】北海道網走水産の口コミや評判はホント?実際に購入して徹底レビュー!

あらゆる海の幸の中でも格別感があるのが「カニ」だと思いますが、最近になって「カニのネット通販」なるものが存在感を増してきています。市販のものより品質が高く、しかも色々な種類のカニが手軽に手に入るということで、色々な方に注目されていること、ご存知でした?

中でも、「北海道網走水産」というカニのネット通販は、

  • とにかくカニが高品質
  • 色々な種類のカニが販売されている
  • ネット通販なのに安心して利用できる

このような口コミ・評判でもちきりとなっており、全国のカニ好き達の心を鷲掴みにしているのです。

というわけでこの記事では、「北海道網走水産」というカニ通販の口コミや評判が本当なのか、実際に買ってレビューしてみたので、気になる方は目を通していただければ嬉しいです。

mamoru

皆さんこんにちは、この記事をご覧いただきありがとうございます。カニ好き食品ライターのmamoruです。私はこれまでたくさんのネットカニ通販を利用してきましたが、以前から網走水産について気になっていました。今回のレビューで正直に色々とお話していくので、最後までお付き合いいただければと思います。

網走水産の基本情報

網走水産
サービス名 北海道網走水産
会社名 網走水産株式会社

さて、ではまずは網走水産の基本的な情報から確認していきましょうか。ラインナップとしては以下の通りです。

  • 会社情報
  • イチオシ商品情報
  • 人気の理由

それぞれ事前に知っておくべき情報となっているので、順番にチェックしていきましょう。

網走水産の会社情報

というわけで、まずは網走水産の運営企業情報からまとめてみました。カニ通販だけに限らず、ネット通販は実際に対面しない状態で取引を行うため、事前にどのような企業が運営しているのかを知っておくことは大事ですよね。

「網走水産株式会社」の詳細

網走水産の会社情報

リサーチの結果、網走水産を運営しているのは「網走水産株式会社」という企業であり、会社名をそのままWebサイトの店舗名にしているとことが分かりました。公式サイト上に、会社の住所情報や電話番号、代表者氏名などしっかり記載しており、透明性のあるしっかりした会社であるというのは間違いないので、利用にあたって心配する必要はありません。

また、名前の通り、北海道の網走に本社を置く企業となっており、会社設立以来「オホーツクの海の幸を全国の食卓に」を合言葉にして企業活動をしてきたということです。

オホーツクは日本のどこを探しても見つからない「海産資源の宝の山」であり、これをネット経由でいつでもどこでも簡単に購入できてしまうのですから、この合言葉はしっかり実現されていますよね。

加えて、網走水産公式サイトを見てみれば分かりますが、海産物だけでなく、

  • ジンギスカン
  • 松前漬け
  • お米
  • アスパラ
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • 玉ねぎ

このような北海道産のあらゆるものを取り扱っているので、ユーザーからすれば非常にありがたい限りです。今回皆さんはカニをお求めになってこの記事をご覧になっていただいていると思いますが、網走水産公式サイトをチェックしていたら、思わず色々なものを買ってしまうかもしれません。そのくらい魅力的な商品が盛りだくさんとなっていますよ。

mamoru

ということで、網走水産の会社情報に関しては何も問題なく、北海道の海の幸から農作物まで、手広く扱っている魅力的な企業だという認識を持っていただければと思います。カニももちろん魅力的ですが、とうもろこしとかも食べてみたいですよね・・(笑)

網走水産のイチオシ商品をチェック!

さて、網走水産の運営企業情報についてお伝えしたところで、ここからは個人的に選んだイチオシ商品について皆さんに紹介させていただきます。

実際にどのような商品が用意されているのかを知っておくのは大切ですから、お値段など含めて確認してみてください。

タラバガニ

網走水産のタラバガニ
商品名 価格
本タラバガニカット 11,000円
ボイルタラバガニ足特盛セット 28,800円
タラバガニ姿 19,800円

網走水産の代名詞とも言えるのが、「タラバガニ」です。一般的なカニ通販は味が安定するズワイガニ関連の商品を多数用意しているので、ここが網走水産のユニークな点だと言えます。逆にタラバガニは品質が落ちると急激に味も劣化し、水っぽくなりやすいので、タラバガニで勝負をするということは、品質に自信があることの裏返しなんですよね。

そして、網走水産ではタラバガニ関連の商品が極めて多く用意されているのですが、これらの中でも筆者は、

  • 本タラバガニカット
  • たらばがに姿
  • ボイルたらばがに

この3つの商品に注目してみたので、順番にチェックしていきましょう。

mamoru

タラバガニの魅力は、何と言ってもボリューム感にあります。他のカニとは同じカニだとは思えない迫力は「かぶりつく」という表現がピッタリですよね。まあ、厳密に言えばタラバガニはヤドカリの一種なので、他のカニと同じだと思えないのは当たらずとも遠からず・・、なのですが。

本タラバガニカット
網走水産のタラバガニカット

まずは「本タラバガニカット」という商品から見ていきますが、こちらはいわゆる「ポーション」と言われているものであり、「カニの脚を殻を半分カットした状態で商品化する」もののことを指します。

一般的にはズワイガニのポーションが人気ですが、こちらのようなタラバガニのポーションも最高に美味しいです。タラバガニは他のカニとは比較にならないほどサイズ感が大きいので、解体するのがかなり手間なんですよね。

その手間をポーションという形で取り去ったのがこの商品の魅力であり、言わば「タラバガニの良いところだけ」を凝縮したような、そんな商品となっています。

よって、タラバガニの圧倒的なボリューム感を、手間いらずで楽しみたい方に強くおすすめしたい商品ですよ。

ボイルタラバガニ足特盛セット
網走水産のタラバガニ脚

続いて紹介するタラバガニ関連の商品が、「ボイルタラバガニ足特盛セット」というものです。こちらは先述の「カット」とは異なり、殻がそのままついた商品となっています。

確かに、ポーションは食べやすく手軽にカニを楽しめる商品ではあるものの、少し味気ない気がしてしまうのも事実です。カニを食べることには、カニの甲羅を自分の手で触り「カニを感じる」ことも含まれているので、そういう意味ではこのような殻付きの商品も魅力があると言えます。

一方で、こちらの商品は「3Kg」と書かれているものの、ここには当然外殻の重量も入ってくるので、「可食部位が3Kg」というわけではありません。カニ業界ではあるあるの宣伝文句なので、この点は注意しましょうね。

逆に言えば、ポーションにおける「〜g・〜Kg」というのは、ほとんど過食部位の重量を示しているので、ある程度信用して買うことができるのもポーションのメリットだと言えるでしょう。

タラバガニ姿
網走水産のタラバガニ姿

こちらの「タラバガニ姿」は、贅沢にタラバガニを丸々一匹商品にしてしまった究極の一品で、カニ好きなら是が非でも欲しいような、そんな商品となっています。

というのも、タラバガニにおけるカニ通販の主流は、やはり脚だけを商品化したものなんですよね。タラバガニは他のカニのように、カニ味噌を楽しめるようなカニではありませんので、自分で分解するメリットがあまりないというのが現実です。しかもサイズ感が大きすぎるので、頑張って解体しても「骨折り損のくたびれもうけ」になりかねないんですよね・・。

ですが、『カニはやっぱり自分で解体して食いてえ!』と感じる方が多いのもまた事実であり、実は筆者もこの派閥の人間です。カニの味を楽しむというよりは、カニそのものを楽しむ。こういったイメージでカニに接しているので、カニの姿が欲しいって思ってしまうんですよね。

特に贈答用・ギフト用におすすめなのが姿なので、「特別感」を演出するためにカニの商品を探している方にとっては魅力に映るのではないでしょうか?

mamoru

とはいえ、自宅で家族だけで楽しむ場合には、やはり殻付きの脚、もしくはポーションがおすすめです。時間ばかりかかって肝心の食事を楽しむことができないなんてことになると、目も当てられませんからね・・。ちなみに今回筆者は、タラバガニの姿を実際に購入してレビューしていますよ。詳細は後ほどたっぷりお話しします。

ズワイガニ・毛ガニ

網走水産の毛ガニ
商品名 価格
ボイルズワイガニカット 6,400円
毛ガニ(ボイル)2尾 8,800円

タラバガニに続いて紹介するのが、ズワイガニと毛ガニです。網走水産はタラバガニ押しのカニ通販ではありますが、もちろんズワイガニや毛ガニといった他のカニについても高品質で大人気!

タラバと比べてお値段、サイズ感ともに手頃なのも魅力なので、それぞれの商品について見ていきましょう。

ボイルズワイガニカット
網走水産のズワイガニポーション

ズワイガニはカニの中でも最もポピュラーなカニとして知られていて、

  • 癖のない味わい
  • 食べやすいサイズ感
  • 手に入れやすい価格

これらの要素が「万人ウケ」というイメージを与える、なかなかに優秀なカニだと思ってもらえればOKです。

そしてこちらの「ボイルズワイガニカット」という商品は、新鮮なズワイガニを急速冷凍し、そのまま浜茹でしたもので、高級料亭にも引けを取らない新鮮さでズワイガニを堪能できる一品となっています。

あらかじめ茹でられているため、カニシャブが楽しめないのはやや残念ではありますが、逆に言えば「茹でる手間が必要ない」ということにもなってきます。さらに半分だけ殻がカットされていますから、

  • カニ鍋
  • カニ飯
  • カニチャーハン

このような料理に馴染みやすいため、ズワイガニの一番人気の商品として君臨しているのです。

価格も殻なしで800〜900g、これで6,400円というお値段となっており、正直これは破格。同じ値段だとタラバガニを一人前も買うことができないくらいですから、やっぱりズワイガニは優秀なんですよね。

毛ガニ(ボイル)2尾
網走水産の毛ガニ

ズワイガニはカニのスタンダードとも言える存在ですが、毛ガニは「カニ味噌」がやっぱり魅力!あの独特な味わいは好みが分かれるかもしれませんが、カニ味噌好きは毛ガニ一択ですよね。

こちらの「毛ガニ(ボイル)2尾」という商品は、扱いやすい手頃な毛ガニが丸ごと2尾で商品化されていて、毛ガニをたっぷり堪能したい人にとっては最高の一品だと言えます。

味噌もしっかり入っているので、毛ガニの魅力を髄まで楽しめるような、そんな商品です。一方で、毛ガニは身の満足感はあまり得られないので、万人ウケはしません。カニを普通に楽しみたい人は、ズワイガニかタラバガニの脚のカット、ポーションがおすすめですよ。

mamoru

以上が筆者目線での網走水産のイチオシ商品になります。タラバ・ズワイ・毛ガニ共に魅力的ですから、自分の心に刺さった商品をゲットしてみてくださいね!

網走水産が人気の理由

網走水産の筆者目線でのイチオシ商品をご紹介しましたが、ここからは網走水産が人気の理由についてお話をしていきます。

カニマニア目線で簡潔にご説明しているので、網走水産の利用を検討している方は必見ですよ!

1:地元密着のバイヤーが北海道の海の幸を厳選

網走水産のこだわり

網走水産の一番の魅力は、やはり網走という北海道の海産物の拠点に本社を構えているという点があげられます。

地元の水産会社だからこそ分かる「ホンモノの商品」だけを厳選して買い付け、それを販売しているため、目利きのバイヤーによる本格的なカニを楽しみたい全国のユーザーの支持を集めているのでしょう。

だからこそ、高級旅館や高級百貨店でしか手に入れられない海の幸を、手軽にネットを経由して手にいれられるので、ホンモノのカニを食べたい人にこそ利用してもらいたいです。

2:通販なのに最高の鮮度を実現

網走水産の鮮度へのこだわり

ネット通販と聞くと、なんとなく『鮮度が心配・・』という声が聞こえてきそうですが、網走水産に関しては心配ご無用です。元々が水産会社ですから、海産物の鮮度を保つ施設やノウハウについては社内で確立されており、有数の巨大冷蔵庫や配送網を抱えている点で信頼ができます。

一言でいえば「産地直送」ですから、スーパーやデパート、百貨店で購入するよりも圧倒的に新鮮です。海産物は他の食品よりもとにかく鮮度が命ですから、この点を重要視して網走水産を選ぶ方は非常に多いですよ。

3:年間100トン販売の圧倒的な実績

個人的に感じた網走水産の3つめの魅力が「実績」です。言葉を選ばずに言えば、カニ通販は儲かるとして業界内で知られているので、本当にたくさんの業者が参入しているという、良くも悪くも活気を帯びた市場に成長しています。

だからこそ、購入後のトラブルも後を絶たないわけですが、網走水産は年間100トン、10年間で2,000トン以上の販売実績を上げており、多くのリピーターを抱えている優れた通販サイトだと言えるのです。

また、ネットが普及する以前の昭和51年に創業し、そこから30年以上にもわたって通販実績を積み上げてきたので、安心感は抜群!「良いものを適正価格で提供する」というモットーのもと商売をしていますから、いわゆる「格安」と呼ばれる業者に比べてお値段は張りますが、変なトラブルに巻き込まれる心配がない分、ストレスなく購入からお届けまでを完遂することができます。

食材系の通販は本当にトラブルが怖いので、これを未然に防げるのは本当に大きい。カニは元々が安くない食材ですから、網走水産でちょっとだけ贅沢して最高の気分を味わってみてはいかがでしょうか?

mamoru

というわけで、網走水産の基本情報の紹介は以上になります。一言でいえば、「高品質なカニを安心して購入できる」ようなネット通販になっていることがわかったので、人気が出る理由も分かりますよね!

網走水産の口コミ・評判

さて、網走水産の基本的な情報についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?カニ通販では珍しいタラバガニをメインにしている点が特徴的で、圧倒的な販売実績があるからこそ、ユーザーが安心して利用できる点を理解いただければ幸いです。

一方で、実際に網走水産を利用した方々の口コミや評価を知りたい方もいらっしゃると思うので、ここでチェックしておきましょう。

贈答用にタラバガニが最適です

お祝い事の贈り物としてカニを探していましたが、色々なサイトがありすぎて何が何なのかよくわかりませんでした。ふと見つけたこちらではタラバガニの姿を販売していて、「これだ!」と思い購入してみました。注文時に熨斗も申し込めたので、完璧な贈答用の商品を購入できてよかったです。後日、送った方からご家族で大いに喜びながら食べた旨を伝えられ、こちらとしても大変安心舌と共に、贈ってよかったと感じました。今度は自分でタラバガニを食べてみたいです。

年末の家族の集まりで注文しました

毎年年末は親戚一同集まってワイワイやっていますが、今年は少し変わった雰囲気にしたいと思って、ちょっと贅沢してカニを食べることにしました。周囲には秘密にしていて、当日に届くように細かく配達日を設定できたのが助かりましたよ。注文したのはタラバガニの脚でしたが、全員タラバガニを目にしたのは初めてのようで、大いに盛り上がりました。やはりズワイガニとは迫力が違うので、それがよかったです。味に関しては文句なしでした。抜群に美味しくて、見てよし、食べてよしでした。おすすめの蟹の通販サイトです。

タラバガニへのイメージが変わった

これまでもカニを食べる機会はありましたが、タラバガニはどちらかというと大味な印象で、ズワイガニの方が美味しくて食べやすくて、タラバガニにあまり良いイメージを持っていなかったのが本音です。ですがこちらで食べたタラバガニは全然違いました。カニらしい味わいにズワイガニにはないボリューム感が加わり、とてつもなく美味しかったです・・。これが本物のタラバガニなのかと思わされ、タラバガニ全体へのイメージが変わりました。

少し高い気もするけど満足です

いつも近所の大きめのスーパーでボイルのカニを買っていましたが、今回は少し奮発して良いものを買うことにしました。とりあえずネットで調べてみたところ、ネット通販で買うのが結構主流みたいですね。知らなかったですが、外に出るのがマズい情勢だったのもあって、お試しの気持ちも込めてネットでカニを買ってみました。ですが、どこも予想よりもお高くて驚きました。でもせっかくの機会だからということで、タラバガニのカットボイルを購入。カニの解体が大変だというのは分かっていたので、カット済みの商品があって助かりました。注文方法も簡単で、ネットに疎い私のような中年女性でも簡単でした。味は高いだけあるって感じで、近所のスーパーのボイル済みのカニとはわけが違いますね。満足しています、ちょっと高かったですけど、また利用したいです。

子供が大喜びです

年末に特別感を演出するために、カニを買って食べることにしました。大人たちは食べることばかり考えてましたが、子供たちからすればカニそのものへの好奇心が食欲に勝ったようで、タラバガニの姿にずっと興奮していました。よく考えればカニを自分の手で触って、解体して、そして食べる機会ってないですもんね。そのあとはとても美味しくいただけました。ネットで食材を買うこと自体が初めてでしたので、少し不安もありましたが、注文から自宅に届くまで何もトラブルがなく、商品自体も文句のつけようがなかったので満足です。皆さんにもお勧めしたいです。

おせちに助けられました

主人とカニを買うという話になりこちらのサイトに辿り着きましたが、色々見ていくうちに北海道の海産物を使ったおせちを販売していて、これを買うことにしました。毎年おせちをある程度自分で作っていましたが、あまり売れ行きも良くなく、結局自分一人で残飯処理をしていたので、なかなか良い商品を見つけてしまいました。お値段は一万円と少しでそこそこの出費ですが、自分が作るよりもみんな食べてくれてたのでよかったです。主婦目線ではやや複雑ですが、来年からはここでおせちを買うことに決めました。

網走水産を実際に利用してみたレビュー

ここからは、網走水産を実際に利用したレビューを、カニマニア視点から本音でレビューをしていきます。口コミを見ている限りは評判の高さが伺えましたが、自分で実際に利用してみることも大事です。

良い・悪い全て正直にレビューしているので、参考にしてください。

写真紹介

始めに、網走水産で購入した商品の写真紹介からしていきます。今回購入したのは、脚だけではなく贅沢に1尾が商品となった、「たらばがに姿(税込19,800円)」です。ズワイガニや毛ガニの姿は食べたことがありましたが、タラバガニの姿は初めてなので、非常に楽しみでした。

商品を注文した11月の上旬は、まだ配送日に余裕があり、11月末の時間指定での配送をしてもらえましたが、年末にかけてカニの需要は急増するので、出来るだけ早めの注文が大切です。

指定した日時に、ヤマト運輸からこのようなダンボールが届きました。

網走水産の配送段ボール

想像以上に大きいサイズで、タラバガニのスケールに改めて驚かされます。

網走水産のダンボールを開封その1

ダンボールを開封すると、一面に広げられた緩衝材が目に入ってきました。カニは傷がついてしまうと、一気に商品価値が下がってしまうため、衝撃対策には梱包段階から万全を期していることが伝わってきます。カニ通販として素晴らしい姿勢です。

網走水産のダンボールを開封

緩衝材の下には、このような発泡スチロール製の箱が入っていました。非常に頑丈にパックされていたので、開封にカッターを用意しておくと良いかもしれません。

網走水産のダンボールを開封その3

そしてこちらが、発泡スチロールの中身です。解体方法を示したパンフレットと、タラバガニの姿が入っています。

発泡スチロールに入ったタラバガニ

こちらがプチプチの緩衝材に包まれたタラバガニです。こちらでも衝撃対策は万全。

取り出し直後のタラバガニの表側

取り出してみた写真がこちら。丁寧に体が折り畳まれていて、ゴム製の紐でしっかり固定されています。緩衝材も含めて、配送時のトラブルを未然に防ぐ姿勢が本当に素晴らしいです。

取り出し直後のタラバガニの表面

また、タラバガニの表面は、グリースと呼ばれる氷の膜でびっしりと覆われていました。このような処理をすることで、鮮度を保ったまま冷凍保存することができるため、より美味しくいただけます。

取り出し直後のタラバガニの裏側

こちらが裏側の写真です。全ての足がゴム紐で固定されているのが分かります。

mamoru

配送上のトラブルは一切なく、スムーズに受け取ることができました。ダンボールやカニの衝撃対策も万全で、文句のつけようがありません!

解体風景

タラバガニの写真をお見せしましたが、ここからは解体風景の写真をお見せしていきます。

先ほどお見せした通り、カニ通販ではカニが冷凍状態で配送されてきますから、解体前に解凍を行う必要があります。網走水産のパンフレットには「冷蔵庫で24時間」と記載があったので、その通りに解凍を行いました。

タラバガニの解凍

また、解凍を行う際は、氷の膜が溶けて急激にカニが乾燥してしまうので、これを防ぐために、写真のような厚手のキッチンペーパーで包んでおきましょう。この状態で冷蔵庫に24時間置いておけば、簡単に解凍ができます。

なお、食べる前に時間がない場合は、流水での解凍もできなくはありません。しかし、旨味成分が逃げてしまうので、自然解凍でゆっくり溶かしていくことをおすすめします。

解凍前のタラバガニ

解凍後のタラバガニの写真がこちら。氷の膜が溶けたことで、鮮やかな赤色が際立っています。それでは、早速解体を行っていきましょう。

タラバガニのふんどしを取る

まず始めに、「ふんどし」と呼ばれる部位を取り外していきます。かなり頑丈に張り付いているので、力を入れてグッと引っ張るイメージです。

タラバガニの甲羅を取り外す

その後、鮮やかな赤色をしている甲羅を取り外します。こちらも力を入れて、グイッと引っ張りましょう。

タラバガニの脚を取り外す

胴体を半分に折り、脚を全て切り離していきます。タラバガニは非常に硬い外殻で守られているので、切れ味の良いハサミを用意しておかないと、作業がスムーズに進みません。

タラバガニをハサミで解体

あとは、切り離した脚の殻を、食べやすいように上半分だけカットしておきます。

タラバガニの身をほぐす

また、胴体部分にも身がぎっしり入っているので、細長いお箸などで、身をほじって集めましょう。専用のカニスプーンと呼ばれる商品も売られているので、用意しておくと良いかもしれません。

タラバガニから取れた身

全身丸ごとカニスプーンで集めたら、器にてんこ盛りになるくらい集まりました!脚とは別にこれだけ取れるので、脚以外も忘れずに解体を行いましょう。

mamoru

以上で写真紹介は終わりです。タラバガニの解体は大変だと思っていましたが、ズワイガニや毛ガニよりもサイズが大きいため、細かい作業が必要なく、むしろやりやすかったです。ただ、外殻が非常に硬いので、良いハサミを用意しておかないと、2倍も3倍も時間がかってしまいます。事前にホームセンターなどで数本用意しておくと良いかもしれません。

網走水産を利用した感想

ここからは、網走水産を利用した感想をお届けしていきます。実食した写真も含め正直にお話ししていきますから、購入にあたっての参考にしてください。

1:食べてみた感想

まずは最も重要な、食べてみた感想から紹介していきます。

今回のタラバガニはあらかじめボイルされていたので、鍋ではなく、

  • そのまま食べる
  • 焼いて食べる
  • チャーハンにして食べる

このような食べ方をすることにしました。

まずはシンプルにそのままいただくことに!

タラバガニの身

こちらが殻から身を取った写真ですが、もう見るからにプリップリですよね!先述したように、カニ表面に氷の膜を張ることで、鮮度をしっかり保っていることが、このプリプリ感につながっています。

これを見せられたら、かぶりつかないわけにはいかなかったので、即いただきました。

噛み締めるたびにカニのエキスがジュワーっと滲み出てきて、タラバならではのジューシーさと相まって美味しすぎます。口いっぱいに広がるタラバ感が圧倒的すぎて、ズワイガニや毛ガニとは全く異なりました。これは感動です。

次は、バーナーで炙り焼きにして食べてみます。

タラバガニを炙った焦げ目

タラバガニはとにかく肉厚なので、フライパンで焼くだけだと少しもの足りません。バーナーを用意しておくとカニ以外でもさまざまな場面で役立ちますから、ぜひ一本持っておきましょう。

タラバガニを炙った

こちらが炙った後の身です。良い感じに焦げ目がついていて、非常に美味しそうです!では、いただきます。

そのまま食べるのとはまた違った味わいで、加熱されることで適度にホロホロになった身がこれまた良い!ジューシー感がさらにアップしていて、焦げ目の味わいもGood。個人的にはそのままよりも炙った方が美味でした。

今度は爪部分の小さい身で、バター焼きもしてみます。

タラバガニのバター焼き

このくらいのサイズ感なので、バターで焼いてもくどくなりません。こちらも実食しましたが、カニの風味とバターのコッテリ感が非常にマッチしています。美味しいしか言ってませんが、当然美味しいです。

タラバガニから取れた身

これで脚は全て食べ終えたので、次はこちらの胴体など細かい部分から集めた身を食べていきます。どう食べるか迷いましたが、カニチャーハンにすることにしました!

カニチャーハンを作っている

遠目からでも分かる、肉厚で鮮やかな赤色をしたタラバガニの身!これほど贅沢なカニチャーハンは、お店でもきっと食べられないでしょう。

カニチャーハン

完成した写真がこちらです!大きさ的にカニカマのようにも見えちゃいますが、ちゃんとしたタラバガニの身なんですよね。贅沢です。

食べてみると、パラパラのご飯の中にあるカニがすごくジューシー!噛むたびにカニの味わいが広がって、今まで食べた中で一番カニを感じられるカニチャーハンでした。普通のカニチャーハンはあくまでチャーハンがメインですが、こちらはカニがメインの至極の一品です。

mamoru

脚から胴体まで、過食部位を美味しく食べ尽くす最高の時間でした!品質は文句なしの一級品で、ぜひ読者の皆さんにも食べてみて欲しいです!

2:網走水産を利用した感想

続いて、商品以外の品質に関する感想を述べていきます。以下に簡潔にまとめたので、参考にしてください。

注文について
時間指定可能・熨斗対応・Amazon pay対応で、スムーズに注文ができる。
配送について
ヤマトの冷凍便。配送箱、カニ、それぞれに衝撃対策を実施。
解体手順の解説
小さいパンフレットだけで、少し物足りなかった。

ご覧のように、注文・配送に関しては、文句のつけようがありませんでした。一般的なカニ通販と同様に、贈答向けの熨斗にも対応していたので、家族や友達で楽しむ用途から、お祝い事のお品物まで幅広く対応してくれています。

一方で、解体手順の解説が少し物足りませんでした。今回のように、カニの姿(まるまる一尾)を購入すると、必ず解体を行う必要がありますが、ほとんどに人にとっては慣れない作業ですから、詳しい説明が必要です。

しかし、付属のパンフレットではテキストのみの解説となっていて、写真やイラストがついていませんでした。これでは解体手順が分かりにくいですし、脚以外に過食部位があることも気がつかない人もいるかもしれません。

せっかく一級品のカニを販売しているのですから、こういった部分にもう少し配慮があれば、もっと良いカニ通販になると感じました。

mamoru

今のご時世、ネットで「タラバガニ 解体」と調べれば、詳しい説明を知ることができます。しかし、購入元からの説明の方が信頼できますし、手間もかからないので、今後に期待したい部分です。

3:コスパについての感想

最後に感想を述べるのが、コスパに関してです。

今回、網走水産のタラバガニの姿を思う存分楽しむことができましたが、お値段は「税込19,800円」でした。金額そのものを見ると決して安いとはいえませんが、

  • カニの品質
  • サービス品質

この両者を考えると、「コスパ良好」と結論できます。

タラバガニは、ズワイガニや毛ガニ、花咲ガニなど他の食用カニと比較すると、サイズが大きい分、どうしても「大味」「水っぽい」味わいになりがちで、本当に美味しいタラバガニに巡り会うのは難しいことです。

しかし、今回購入した網走水産のタラバガニは、味わいから鮮度まで一級品。文句のつけどころが一切ありませんでした。成人男性5人で食べましたが、お腹いっぱいになるまでカニを楽しむことができて、全員心から満足しています。

加えて、サービス品質についても、注文から配送まで、滞りなく進めることができて、こちらも不満点は一切ありません。唯一、解体方法の説明が不十分だと感じましたが、ネットで調べれば問題ないのも事実なので、大きなマイナスポイントではないといえるでしょう。

以上のことを考えると、タラバガニの姿で19,800円はコスパに優れていると結論できます。カニは「安かろう悪かろう」では通用しない食品ですから、本当に美味しいものを購入したい人は多いはずです。網走水産のカニは食べた人を笑顔にできる、素晴らしい商品だと分かったので、ぜひ一度食べてみてくださいね!

網走水産のカニをお得に購入するには?

網走水産のカニを実食したレビューをお届けしてきましたが、いかがでしたか?前評判が非常に高かったので、結構ハードルを上げてレビューをしてみましたが、結果は大満足に終わったので大変良かったです。いやー、美味しかった。

しかし一方で、カニ系の通販はお値段がそこそこ高いのがネックでもありますよね。ここでは網走水産のカニを少しでもお得に購入するための情報をまとめてみたので、気になる方は目を通しておきましょう。

送料無料ラインを越えよう

食材系、特に海産物系のネット通販において、非常にネックになってくるのが送料です。特にカニは冷凍便による配送になるので、仮に送料が有料になってしまうと、もう一品何かを買えてしまうレベルの送料がかかってきてしまうことが普通。

実際、網走水産でも道外発送の場合は「1,200円」の送料がかかってきてしまうので、送料だからといって馬鹿にできないんですよね。

「15,000円」以上の注文を

したがって、送料を無料にした方が確実にお得になるのですが、網走水産の場合は「15,000円」が送料無料ラインとして設定されています。やや高い気もしていて、「10,000円」だったら非常に嬉しかったですが、注文時にはこの15,000円というラインを超えるように、意図的に金額を計算しておくと損をせず注文をすることができますよ。

もちろん、無理してこのラインを越える必要はありませんが、注文金額が10,000円を超えていたら、あと他に一品注文をして送料を無料にした方が個人的にはコスパが良い気がします。実質的に1,200円引きで購入できるようなものですからね。

mamoru

先述のように、網走水産ではカニ以外にも、北海道の農作物を多数扱っているので、金額調整は意外と楽ちんです。1,000円台の商品も豊富に揃えられているので、ぜひ注文の際にセットで購入して送料無料ラインを超えてみてくださいね!

網走水産をおすすめできるのはこんな人

ここからは、網走水産を実際に利用した筆者目線で、網走水産でのお買い物をおすすめできる人について解説していきます。

購入を迷っている方の参考になれば嬉しいです!

カニ通販で失敗したくない人

カニの通販で怖いのが、『購入後に届いたカニの品質が最悪だった・・』といったようなトラブルではないでしょうか?ネット通販はどこにいてもお買い物が簡単にできるのが魅力ですが、実際に自分の目で見て商品を選べないのがやっぱりネックですよね。食材ともなれば尚更です。

しかし、以上のような不安を抱いている方にこそ、網走水産でのお買い物がとてもおすすめできます。というのも、網走水産は昭和51年創業のカニ通販の老舗であり、年間100トンを超える販売実績がありますから、劣悪品を送りつけるようなセコい商売をするわけがないからです。

実際、今回筆者が網走水産で購入したタラバガニの姿に関しても、品質については超がつくほど一級品でした。目立つ傷は一切ないですし、味に関してもピカイチ。まさに文句のつけようがなく、これならカニ通販で失敗したくない人でも大満足できると思いましたよ。

一級品のタラバガニを食べたい人

筆者はこれまでたくさんのネットカニ通販を利用してきましたが、どこもズワイガニを主力商品として扱っています。ズワイガニは味も整っていますし、カニらしい味わいもしっかり立ってくれますし、1尾あたりの金額も安いですから、色々な面でとっつきやすいカニなんですよね。

逆に、タラバガニは高品質でないとどうしても味わいが大味になってしまいますし、大きいので取り扱いが難しい。解体にも時間がかかるので、ズワイガニと比べてあまり人気がない不遇のカニというのが筆者のタラバガニ評になります。

ですが、タラバガニにはタラバガニにしかない魅力があるのも事実であり、心ゆくままタラバガニを堪能したいなら、網走水産を利用しない選択肢はないと言えるほど、網走水産の利用を推奨したいですね。

なにせ、網走水産はタラバガニを専門的に扱っている水産会社であり、今回筆者が購入したタラバガニもまさに一級品でした。身の入りから味わいまで、どれもパーフェクトなクオリティをしていたので、タラバのお買い物なら網走水産を利用すべきだとカニマニア視点で感じます。

網走水産に関するよくある質問

最後に、網走水産に関するよくある質問に、実際に利用した筆者自ら回答していきます。

他のカニ通販と違うところはなんですか?

カニ通販にはさまざまあるので、各サービスを比較している人は多いです。そんな人に向けて、網走水産だけの強みを紹介するならば、「タラバガニ専門のカニ通販」、この点を強く押したいと感じています。

先述したように、タラバガニは「大味」「水っぽい」と評価されやすいため、ズワイガニが食用カニの主流です。そんな中で、タラバガニの姿を自信を持って販売し、それが本当に美味しかったので、皆さんにもお勧めしたいです。

脚と姿はどちらがおすすめですか?

カニ通販を利用する上で気になるのが、「脚と姿どちらを買うべきなのか」ではないでしょうか?

結論からいえば、万人におすすめできるのは脚です。今回、筆者は姿を購入しましたが、解体は思ったよりもスムーズに進みました。

しかし、今回のために切れ味の良いハサミを2つ新調しましたし、解体方法の予習もしっかりとした上で、「思ったよりもスムーズ」ですから、何も準備なしに解体に臨むと、十中八九時間ばかりかかってしまいます。

それならば、最初から解体された脚だけを買った方が、手間とお金の節約をしながら、カニの美味しいところだけを楽しむことが可能です。

一方で、お祝い事の目玉の食品として、あるいは他人への贈答用の食品としてのカニならば、姿の方がいいかもしれません。しかし、解体の手間がかかることを考えると、脚の方が良いと感じる人もいるかもしれませんので、脚が無難な選択肢だといえます。

支払い方法には何がありますか?

網走水産の支払い方法は、以下の4つが用意されています。

  1. クレジットカード
  2. 代金引換
  3. 郵便振替
  4. 銀行振り込み

カニは高額支払いになる可能性が高い商品ですから、4つの支払い方法が利用できるのは嬉しいポイントです。また、amazonの決済情報を利用できる「amazon pay」も用意されています。普段、amazonを使用する人なら、住所情報や支払い情報を記載する必要がなくなるので、利用して便利なサービスです。

まとめ

網走水産はタラバガニの品質が高いと、口コミで評判になっているカニ通販です。実際に注文して食べてみましたが、鮮度抜群で味わい豊か、まさに一級品のタラバガニでした。

友達を呼んでカニを囲みましたが、みんなが笑顔になってくれてとても嬉しかったです。今まで色々なカニ通販を利用してきましたが、文句なしにおすすめできると結論できます。

カニ通販は当たりとハズレの幅が大きいので、安心して利用できるサイトは貴重です。皆さんもぜひ、本物のタラバガニを網走水産を利用して食べてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください